FC2ブログ

雑記BLOG





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

久し振りの旅行 :: 2014/09/01(Mon)

SN3F05280001.jpg
京都タワー。駅から出たら大勢カメラ構えてる人がいたので初めて撮ってみた。


西のうどん。汁の色こそ透明だけど関東のしょうゆベースの汁より塩分が多い。
関東のうどんも好きだけど西のうどんも美味しい。
伊勢うどんのあの麺がふにゃふにゃで、あり得ないくらい濃い汁で食べるのもあれはあれでクセになる。

何時か行こうと思っていた霊山歴史館に行って来ました。
一度行けば充分かな。
天然理心流の木刀と、普通の木刀の展示があって、触ってその重さを比べるコーナーがあったのは面白かった。物凄い握力ないと素振りさえ出来ない極太木刀……。あんな木刀で練習するとか……天然理心流は多摩の百姓とか、普段野良仕事で鍛えてる人達が門弟となって支えてた流派だからあれもアリなんだろうな。

最近上田秋成ブームが来ているので、歌碑のある梨木神社へも行って来ました。
神社の敷地ギリギリって言うか敷地削って、高層マンション建築中でした……良いのか。梨木神社って言うか御所に隣接する高層マンション……。

念願叶って荒神橋を渡りました。モリミーの「きつねのはなし」に登場する場所。
スポンサーサイト
  1. 旅行
  2. | comment:0

日帰り新潟 :: 2013/07/28(Sun)


日帰りで新潟に行って来ました。大好き新潟。

SN3F04840001.jpg
生牡蠣!この時期は生牡蠣が食べられます。

日帰りでしか行った事ないですが片手に余るくらいの回数行ってる気がする。
魚が新鮮で甘いのにびっくりする。
美味い美味いとがっつきたくもなるし、ゆっくり味わって「むっ!これは!」なんて美食漫画のように味わって食べたくもなる。

美食の旅ではなくて、本当は応援してる馬の追っかけでした。
新潟競馬場ではその馬のおじさんが誘導馬となっているので、絶対「おじさんの職場見学」状態でWオースミだ!と思ったんですが……違った。
  1. 旅行
  2. | comment:0

松葉 :: 2012/11/18(Sun)


先日京都に行った時の写真。
京都駅の新幹線改札内にあるにしんそばの老舗「松葉」の支店。
「あの松葉」と認識する前から「ちょうど良い所にご飯食べられる所があったから入っちゃおう」みたいな感じで利用してました。
本店は四条河原町にあって何度も横を通っているのに一度も入った事がないと言う不思議。
鰊の甘露煮なんて全然好きじゃなかったのに、ここでにしんそば食べたら鰊が大好きになりました。
色々な所の鰊の甘露煮を買って食べるようになりましたが、ここのが一番好きな味です。
甘露煮って保存効くように味が濃いのですが、ここのは絶妙な味加減だと思います。

久し振り日記がいきなり食事の克明な記録な意地汚い私。
  1. 旅行
  2. | comment:0

秋の京都 その15 :: 2011/12/13(Tue)


お昼ご飯は「中村藤吉」と言う宇治の有名店。
抹茶蕎麦。天カスがみっちり・・・。「抹茶蕎麦天かす乗せ」とかじゃないです、ただの「抹茶蕎麦」を頼むとこうなります。

DSCF5857.jpg
デザートは生茶ゼリイ(←と言うメニュー)のほうじ茶。
生茶ゼリイは抹茶とほうじ茶の二種類あって、抹茶が人気。ですがほうじ茶も美味しかったです。

DSCF5858.jpg
こんな感じで宇治川に面したお店で、店内から宇治川を眺めながらお食事がいただけます。


京都で色々美味しいものも食べたし沢山観光したので、取り敢えず終了。
次回京都に行く時は一人旅になると思います。
  1. 旅行
  2. | comment:0

秋の京都 その14 :: 2011/12/12(Mon)


宇治と言えば平等院鳳凰堂。

DSCF5852.jpg
屋根に鳳凰が載ってるから鳳凰堂な訳ではなくて、この建物全体が「鳳凰が羽を広げた姿のよう」だからだそうです。
なので写真はもっと引いて全体像を撮るのが正解・・・なんですが行った時は知らなかった。
現在は宝物館のような建物が敷地内に建てられていて、入場料は拝観料に込みになってます。結構面白い物があって楽しかった。

DSCF5845.jpg
宇治の地面にある道案内。
平安女性。
  1. 旅行
  2. | comment:0

秋の京都 その13 :: 2011/12/11(Sun)

DSCF5844.jpg
宇治上神社。

DSCF5847.jpg
宇治川の麓にある源氏物語「宇治十帖」のモニュメント。

DSCF5848.jpg
上のモニュメントの背景にある赤い橋から見た宇治川。
もやっていて絵画のように美しいです。
  1. 旅行
  2. | comment:0

秋の京都 その12 :: 2011/12/10(Sat)


宇治橋。

DSCF5840.jpg
宇治橋から見た煙る山々。
この日は「良いお天気」ではありませんでした。
でも煙った景色はとても綺麗でした。

DSCF5842.jpg
宇治神社。
ガイドブックにも載ってる神社。そもそも「宇治」を冠してる辺り大きい神社なんだろうな、と思ったらとても小さい、地元の人達だけが信仰してる感じの本当に小さい神社でした。
七五三の時期だったので悪天候にも関わらず絶えず人が訪れてました。
  1. 旅行
  2. | comment:0

秋の京都 その11 :: 2011/12/09(Fri)


最終日。
ホテルの素敵ラウンジ。生憎の雨模様ですがこの素敵ラウンジは晴れでも雨でも昼でも夜でも素敵に見えるのです・・・!!設計した人凄い。

DSCF5835.jpg
宇治にやって参りました。
駅前のポストはお茶壺型!!何でも良いから、旅先からのくだらない葉書でも良いから何か一枚投函したくなる魔力のあるポスト!恐ろしい宇治の魔力である。

DSCF5836.jpg
ポスト(駅前)から歩く事1キロ宇治川のほとりに出ました。
紫式部像なんだゾウ。
  1. 旅行
  2. | comment:0

秋の京都 その10 :: 2011/12/08(Thu)

DSCF5828.jpg
嵐山電鉄。

DSCF5829.jpg
友人のリクエストで清明神社へ。
以前某サクランドさんに連れて行って貰った時と比べると・・・「おや?」と言う感じ。
微妙にヲタク心を揺さぶるグッズ(お守り)とかがんがん販売して「売らんかな」の空気が物凄い。
ご朱印帳は西陣織りの五芒星刺繍入り。
ご存知の方はご存知だと思いますが、寺社で買うオリジナルご朱印帳は、一枚目はそのお寺のご朱印が記されています。
うっかり欲しくなりましたが、良く見たらご朱印がカラーコピーです。
これまたご存知の方はご存知だと思いますが、ご朱印と言うのは大体一枚300~400円が相場です。
カラーコピー(10~50円相当)で300円とか取る寺社はどうなのかと思いますが、大手の寺社では時折カラーコピーです。

でもカラーコピーじゃなかったらご朱印欲しかったなあ・・・!!
でもご朱印がコピーってあまり好きじゃないので。


DSCF5833.jpg
夕飯。
京都駅ビル内のおばんざい屋さん。
遠出するのが面倒だったのでホテルの近くにしましたが野菜たっぷりメニューが豊富で嬉しかったです。
  1. 旅行
  2. | comment:0

秋の京都 その9 :: 2011/12/07(Wed)

DSCF5816.jpg
渡月橋。
渡ってる時は景色を眺めつつ喧騒に驚きつつあっと言う間に過ぎてしまうのですが、遠目に見ると結構長い橋ですね。

DSCF5817.jpg
渡月橋から見た桂川。
本来はこれ位の時期(11月中~下旬)は山々が紅葉してる筈なのですが、「もしかして常緑樹しかない?」と思うような色合いでした。
そして山は紅葉してませんでしたが桂川は浅い流れが峻烈で綺麗で見ててちっとも飽きない感じ。

DSCF5823.jpg
川の模様が飽きないと言いながらとっとと移動してこちらも紅葉の名所 天龍寺へ。
借景とは言いながら、結構庭園がだだっ広い。
  1. 旅行
  2. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。