FC2ブログ

雑記BLOG





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

読んだ本記録 :: 2014/04/09(Wed)


久々のマツモトロー。

山本兼一「火天の城」文春文庫
今は無き安土城が出来るまで~燃え尽きるまで。今は無いとは言えその巨大さは知っています。
昔の、1500年代の建築工法で一から巨大な天守を建てる事の途方も無さ……。
瓦も、現代ならば軽量化されてますが昔の滅茶苦茶重い瓦屋根……。
城が焼ける時は「うっわああああん!!」と叫びだしたくなるくらい、密に書かれてました。
巨大な城を支えるには良い柱でなくてはならん、良い柱を得るには良い木を入手せねばならん、然しその巨大木を安土まで届けるのだっておいそれとはいかない、とか。
信長がやれと言ったらどれだけの犠牲を払っても実行しなくてはならない、とか……。
信長の実力主義な所を好きな現代人って多いですが、私は正直あんまり……。


三浦しをん「仏果を得ず」双葉文庫
文楽の太夫が芸と恋を追い求める話。
……なんですが、文楽=人形文楽、が、良く分かってなかった。
予備知識なしで読んでも大丈夫だろうと思って読んでみたものの、多少は下調べしてから読んだらもっと面白く読めただろうなあ!失敗した!
予備知識なしで読んでも十分面白いですが、私は登場人物に思い入れしながら読みたい方なので。
  1. 日記?
  2. | comment:0
<<あのはな映画版 | top | 色々備忘録>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。