FC2ブログ

雑記BLOG





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

そして誰もいなくなった :: 2014/05/12(Mon)

And Then There Were None
アガサ・クリスティ「そして誰もいなくなった」早川文庫
孤島ミステリの金字塔を今更!初読み!
古典ミステリはドイル(ホームズものだけ)、ルブラン(ルパンものをつまみ読み)、江戸川乱歩(少年探偵団の辺りをつまみ読み)程度しか読んでなかった、そう言えば。

良く分からない招待状にほいほい乗っかってしまう人達。
孤島で起こる連続殺人。
「この中に犯人がいる!」
という状態なのにふらふら個人行動取ってはどんどん殺されて行く人達。
犯人が結構屋敷の中を好き放題動き回ってるのに(自分の部屋だけじゃなく他の人の部屋に何度も忍び入っている)何故か誰にも見咎められない。
……とか、突っ込みどころは満載なんですが面白いですね。ぐいぐい引き込まれて読んじゃう。

米澤穂信の「インシテミル」は本作をオマージュにしているのですが、再読したくなった。
タイトルは「殺人ゲームに『淫してみる』」なのかなあ、と思った。
  1. | comment:0
<<運動会 | top | 根津美術館>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。