FC2ブログ

雑記BLOG





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

かわいそうだね? :: 2014/06/27(Fri)

綿矢りさ「かわいそうだね?」文春文庫
表題作「かわいそうだね?」は三角関係の話。
主人公の彼氏は帰国子女。海外で就職してたけど(多分リストラで)日本に帰る→当時の彼女(外国で就労中の日本人)も一緒に帰国→別れる→主人公と彼氏付き合い始める→元カノ日本で就職先見つからず→彼氏、元カノが就職出来るまで俺の家に元カノ住まわす宣言。
元カノはヨリ戻す気満々だし、彼氏も「元カノと俺が一緒に暮らすのを主人公が認められないなら俺と主人公は別れるしかない」と最初に言ってるんですが、「元カノに気持ちが戻った訳ではなくて俺が愛してるのは主人公だけだ」とも言う。
そして主人公は、彼氏が「タバコ吸う女は嫌い」と言えば彼氏の前でタバコ吸うのは止めるし、彼氏が「大阪弁キライ」と言えば標準語で話すし、彼氏に嫌われたくなくて色々取り繕っている。
元カノと一緒に暮らすなんてあり得ない、と主人公が思っても彼氏が「海外では困ってる人に手を差し伸べるのは普通だ、それが出来ないのは心の狭いヤツで、その行為を疑うのは心の濁ってるヤツだ」、とまでは言いませんが、自分の行為を正当化します。
そう言われてしまえば「可哀想な人が目の前にいるのに手を差し伸べられない自分が心が卑しいのかしら」と思う訳です。


正解がなくて、ぐだぐだしてて、彼氏も悪いし元カノも悪いし主人公も悪いし、みたいな話。


同時収録の「亜美ちゃんは美人」は、美人であるが故に何もかもを許容されて生きてきた「亜美ちゃん」と、友人である主人公の話。


社会的に大きな事件が起きる訳でもなく、少人数の登場人物の気持ちの縺れだけが延々と書かれてるんですが、凄いなあ。面白いし、凄く力量を感じる。
  1. | comment:0
<<贋作吾輩は猫である | top | 刺青の男>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。